消費者金融の返済方式とは

消費者金融を利用すると返済方式を選択することとなります。消費者金融の返済方法は一般的な返済とは違った部分もあります。また返済方式によってトータル返済額が変わったり、毎月の支払い金額が大幅に変化していくので慎重に選ぶようにしましょう。

消費者金融でお金借りた場合の返済方式

消費者金融の返済方式は大きく分けて3種類から選択をすることができます。 一つ目が残高スライド方式、二つ目が元利定率リボルビング方式、三つ目が元金定率リボルビング方式です。

一つ目の残高スライド元利定額返済方式とは、残高スライド元利定額リボルビング方式とも言われています。こちらは借り入れ残高によって返済額がスライドしていく返済方法のことです。借り入れた金額が多ければ多いほどスライド方式に毎月の返済金額が増えていきますが、返済をしていき借入残高が減ると、毎月の支払い金額もどんどん減っていきます。そこまで借り入れ金額が多くない人はこちらの方式を選ぶとよいでしょう。

続いて元利定率リボルビング方式です。 こちらはリボルビング形式なので、毎月の返済金額は基本的には変わりません。一万円と決めたら、どれだけ借り入れ金額が増えたとしても一万円の返済となっています。しかしそこから借り入れ金額に応じて利息が取られていくので、支払い金額が多ければほとんど利息しか支払うことが出来ず、なかなか返済を終えることが出来ません。また、借り入れ金額によって毎月の返済額の下限が決められています。借金が多ければ多いほど、毎月支払わなければいけない下限は高くなってしまうでしょう。

元金定額方式のリボルビング方式は、元金定額制なので、毎月決まった金額プラス利息を支払う方式となります。元利定率の場合は毎月決まった金額のみとなっていますが、こちらは決まった金額の元金を返済して、さらにプラスで利息も支払う形です。つまり10000円の固定で返済をする場合は、10000円プラス利息分となります。利息は支払えば支払うほど少しずつ減っていくでしょう。そのため一定金額ずつの返済が可能です。

消費者金融では主に残高スライド元利定額返済方式と元利定率リボルビング方式を採用

基本的に消費者金融では、元金定額方式以外の二つの方法での返済を行っています。 早く借金を返済したい人であればスライド方式がおすすめです。リボルビング方式は決まった金額のみ返済すればいいので楽だと思われがちですが、なかなか返済金額が減らないのでデメリットが大きい返済方法です。
Copyright (c) 今すぐお金を借りるのに便利な消費者金融3社.